助産師 産科病院

助産師の職場の仕事内容

周産期の女性を支える助産師

 

助産師のが活躍する場はたくさんありますが、勤務先として一番多く選ばれているのは病院の産科病棟・産科外来になります。多くの助産師さんは卒後総合病院の産科病棟に就職し、働きながら経験を積みます。総合病院の産科病棟には、正常経過をたどる妊産婦さん以外にも様々な既往歴や合併症を持つ妊産婦さんが入院しています。そのため、ある程度経験や技術に自信がつくまでは病院で働きたいという助産師さんが多くなるというわけです。3年から5年経験を積んだ頃、看護師と同様にいったん現場を離れる助産師が増えます。結婚や自分自身の出産・子育てを挟んで復帰する先は個人経営の産科病院などとなります。助産師は法律上、助産院を開業することが認められています。ただ、その場合は嘱託する産科医と病院を確保する必要があります。しかし産科医不足や連携する病院が少ないことから、現在は助産院を開業することは難しい状況となっています。

 

子育てに悩む女性の味方

 

助産師は病院・産院・助産院以外でも市町村や助産師養成所、教育機関などで活躍しています。助産師の仕事と言うとその対象は妊産婦・褥婦・新生児だけと考えられがちですが、思春期の性のをめぐる問題や更年期障害を抱える女性、育児の悩み、児童虐待など、リプロダクティブ・ヘルス(人間の性と生殖の健康)の中心として活動することが期待されています。産科病棟で十分経験を積んだ後は、新生児訪問や地域の妊婦教室など新たなフィールドで働く人もたくさんいます。病院などで働くとどうしても夜勤があるので、結婚を機に転職を考えるという流れが一般的です。夜勤に縛られない働き方を選ぶことで、助産師さん自身も家庭生活や子育てと仕事を両立させているんですね。

 

助産師|高条件求人探し/福利厚生・年収・パート