助産師 メリット デメリット

助産師さん達が働きながら考えていること

助産師のメリット

 

助産師さんはお産のスペシャリスト。そのため、助産師さんにしか出来ない行為・業務(独占業務)を取り扱うことが出来ます。赤ちゃんを取り上げる・臍の緒を切る以外にも、妊産婦さんの指導や乳房の手当てなどは産科病棟で働く看護師は行うことができません。また最近では助産師外来と言って、正常な妊娠経過をたどっている妊婦さんに限り助産師さんがおなかにエコーを当てながらおなかの赤ちゃんの様子をチェックしたり、お母さんにむくみや血圧以上などの合併症の有無を確かめる役割も担っています。もちろん総合病院にある産科外来の場合、異常があった場合は産科医に報告して適切に対処します。この助産師外来は少ない産科医の仕事量を軽減して、外来業務を効率化させるために考えられたシステムですが、妊婦さん達にとっての助産師さんは、ある意味先生と同じかそれ以上に頼りにしている存在です。お産の場だけではなく、入院生活中のお世話も担当してくれる助産師さんと外来の時から顔を合わせて話をすることで、妊婦さん達の緊張は随分ほぐれるものです。このように助産師は、医師とはまた違う独自の介入方法で周産期の女性に関わることを許された特別な資格だということが出来ます。ここが助産師さん最大の特徴であり、またメリットであると言えます。

 

 

助産師のデメリット

 

「お産のプロだけど、その他のことが全く分からなくなった…」助産師さんの多くは、こんなことをよく漏らしています。看護師免許を持っているとはいえ、産科領域のことしか分からなくなるというところは助産師のデメリットにあたるかもしれません。看護師であっても未経験の診療科で働きはじめたころは混乱するくらいですから…。病院によっては、一定期間院内の別の科で看護体験をすることで幅広い疾患の知識を学べるシステムを取り入れているところもあります。

 

 

助産師|高条件求人探し/福利厚生・年収・パート